IBMF事務局長コラム

井出事務局長コラム > ファスティング > ファスティングの基本

ファスティングの基本

ダイエットや体質改善のためにファスティングに挑戦したいと考えている人は少なくありません。

ファスティングは正しいやり方で実践すれば効果を期待できますが、ファスティングの基本を知らないまま取り組むことで思っていた効果が出ない可能性もあります。

ファスティング

そこで今回は、これからファスティングをしたいと考えている方向けに、集中して取り組みたい人におすすめの3日間ファスティングについて以下をご紹介します。

 

①実践中に知っておきたいポイント
②注意しなければいけないこと
③酵素ドリンクの選び方について

 

ファスティングの基本を知り、実践したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

集中して体質改善をしたい方におすすめの3日間ファスティングとは?

3日間ファスティングは、集中して体質改善に取り組みたい人におすすめのファスティング方法です。

5日間や10日間継続するのは初心者にとってきついと感じてしまったり、長期的なファスティングは危険を伴ったりする可能性も高いため、3日間ファスティングが効率的だと言えます。

3日間ファスティング

また、3日間ファスティングは完全断食が3日間で実際には、準備期が2日、ファスティング期が3日、復食期が2日となるため、計7日間かけて行うものです。

まずは3日間ファスティングがどのように行われるのかということについて見ていきましょう。

公式ファスティングカウンセラー

準備期

朝食

1日目

準備期1日目は、朝ご飯を酵素ドリンク(20ml)に置き換えます。

朝ご飯を酵素ドリンクに置き換えるのは、ナチュラルハイジーンと呼ばれる酵素を働かせるための時間に合わせて食事を摂ることが美容やダイエット効果を高めるポイントになると考えられているためです。


午前中は、排泄(デトックス)の時間と呼ばれています。

寝起きは消化器官が目覚めていない状態になっているため、朝ご飯を食べてしまうと体の負担になってしまうのです。

デトックス

消化にエネルギーを使ってしまうと、本来行うべき排泄が滞ってしまうので朝ご飯を酵素ドリンクに置き換えることがおすすめです。

昼ご飯は、ダイエット用の代替食を食べると摂取カロリーを抑えながら、栄養をしっかりと摂取できます。

 

また、夜ご飯も後述する消化に負担のかからない物を意識して摂りましょう。

2日目

2日目も1日目と同じように、朝ご飯を酵素ドリンクに置き換えます。
昼・夜ご飯もダイエット用の代替食を食べるようにしましょう。

ショウガ

ダイエット用の代替食の味に飽きてしまうようであれば、生姜のしぼり汁などを加えて味を変えてみるのもおすすめです。

生姜に含まれる成分によって体を内側から温めてくれる効果が期待できます。

そうすることによって、基礎代謝が上がっていき、痩せやすい体質へと変化していきます。

ファスティング期

水を飲む女性

1日目

ここから3日間は酵素ドリンクと水だけで生活します。

水は、1日2L以上飲むことが望ましいと言われているため、できるだけ意識して水分を摂取してください。

カフェインレスコーヒー

水分は水だけで物足りないと感じる場合、オーガニックのカフェインレスコーヒーであれば飲んでも問題ないため、コーヒーが好きな人は取り入れてみると良いでしょう。


消化器官を休ませることによって、体の内側から綺麗になるための大切な期間です。

酵素ドリンクは、ミネラルウォーターで3倍くらいに希釈して飲むのがおすすめです。
炭酸水で割るのは、消化に少しでも負担がかかる為、ファスティング期間中は避けましょう。

2日目

酵素ドリンク

2日目も初日と同じように、酵素ドリンクと水だけを摂取します。

ファスティングを初めて実践する人は、初期反応と呼ばれる症状(だるさ、眠気、頭痛、胃痛、吐き気など)が出る可能性がありますが、それは体質が徐々に変化している証です。

 

症状が重い場合は、原液の酵素ドリンクを摂ると軽減することがあるので、試してみると良いでしょう。

3日目

お腹すっきり

3日目もこれまでの2日間と同様です。

3日目になると空腹感も感じることがなくなり、お腹もすっきりしていることを実感できます。

 

また3日目は、お腹だけでなく、心身ともにクリアになって身体がとても軽くなり、これまでの日常生活の中で消化がいかに負担にかかってしまっていたのか感じられると思います。

 

ここからのラストスパートが特に重要なので、しっかりと行っていきましょう。

公式ファスティングカウンセラー

復食期

お粥

1日目

ファスティングを行ったら、すぐに普通の食事に戻すのではなく、復食期を経る必要があります。

復食期1日目は、おかゆを更にお湯で薄めた上澄み液のおもゆがおすすめです。
また、汁なしの味噌汁もおすすめです。

コールドプレスジュース

コールドプレスジュースなど消化器官に対する負担が少ないものから取り入れるようにしてください。

 

体にしみわたっていくような感覚を体験できるはずです。

スムージーなどは、フルーツの繊維質が含まれているのでおすすめできません。

2日目

野菜スープ

復食期2日目は、ダイエット用の代替食やおかゆ、野菜がたっぷりと含まれたスープなどを取り入れることがおすすめです。

消化しやすいものを選ぶことで、少しずつ消化器官も働きを取り戻していきます。

 

2日目からは、具入りの味噌汁を摂って、発酵食品を積極的に取り入れましょう。

準備期・ファスティング期・復食期に押さえておきたいポイント

 

ファスティングを成功させるためには、ファスティングの基本だけではなく準備期・ファスティング期・復食期に押さえておきたいポイントも知っておく必要があります。

 

続いては、そのポイントについて見ていきましょう。

準備期のポイント

和食

準備期は、純和食(ことまごはやさしい食)を基本にした食事を摂るようにしましょう。

脂質やたんぱく質が高い食材はできるだけ食べすぎないように注意する必要があります。

ことまごはやさしい食は、

こ(穀類)

玄米やはとむぎ、そばなど

と(唐辛子)

唐辛子やコショウといった香辛料

ま(豆)

大豆や黒豆、味噌、納豆など

ご(ゴマ)

ごま、くるみ、アマニなど

わ(わかめ)

わかめやもずく、昆布など

ことまご

や(野菜)

野菜や果物全般

さ(魚)

青魚など

し(しいたけ)

しいたけなどのキノコ類全般

い(いも)

さつまいもなどのいも類全般

を取り入れた食事のことです。

そして、ファスティングを始める前日は夕ご飯を20時までに済ませてから寝ることもポイントになります。

食べて3時間以内に寝てしまうと、消化不良を招く可能性があるためです。
食事は食べる量・質・順序に気を付けましょう。

公式ファスティングカウンセラー

ファスティング期のポイント

ファスティング 水

ファスティング期は、1日2L以上水分を摂取するようにしましょう。

私たちの体からは汗や尿として2.5Lほどの水分が日排出されていて、食事ではおよそ1Lを補えます。

 

しかしそれでは足りないため、1日2L以上水分を摂取するのが望ましいのです。

2L飲むのが難しい場合は、1Lから始めて少しずつ摂取量を増やしていくようにしてください。

半身浴
また、寝る前に半身浴や足湯をして体を温めておくと、就寝中の体温が高くなって免疫力や代謝が高まるので、実践してみてはいかがでしょうか?

ただし、就寝直前の入浴はホルモン分泌の兼ね合いでおすすめできませんので、そこも意識しましょう。

復食期のポイント

ファスティング 復食期

復食期は、ファスティングを成功させるためのとても重要な期間です。

ファスティングが終わってすぐの食事には重湯がおすすめです。

2回目以降の食事では、おかゆや具の入っていない味噌汁をゆっくりと食べるようにしましょう。

野菜やきのこ

復食期2日目からは、野菜や豆、きのこなどを加えたおかずとおかゆを食べることがおすすめです。

手作りのフレッシュジュースやスムージーを取り入れると野菜や果物も積極的に摂取できるようになります。

酵素ドリンクはどんなものを選ぶべき?

ポイント

ファスティング中は酵素ドリンクを飲みます。

酵素ドリンクの種類は非常に多く、どれを選んだら良いか分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこで最後に、酵素ドリンクを選ぶ時のポイントについてご紹介します。

水で薄めていないか

ファスティング 水

酵素ドリンクの中には、水で薄めている商品もあります。

水で薄めてある商品は価格が安い傾向があるため、価格だけで決めないようにしましょう。
水で薄めることで栄養素も薄まっています。

それでは酵素本来の働きも感じにくくなってしまうため、酵素原料が100%の酵素ドリンクを選んでください。

公式ファスティングカウンセラー

合成甘味料などが使われていないか

合成甘味料

酵素ドリンクを飲みやすくするために、合成甘味料を使っている商品もあります。

特に価格が安い酵素ドリンクは合成甘味料などを使っているケースが多いです。

ファスティングは体にとって良くないものを排出するために行うものなので、合成甘味料などの科学的な成分が含まれているものはできるだけ選ばないように注意しましょう。

 

せっかくデトックスをするのに台無しになってしまいます。

デトックスや脂肪燃焼を促す栄養素が含まれているか

脂肪燃焼 デトックス

水で薄めていない、合成甘味料などが使われていないといった条件をクリアしている酵素ドリンクはいくつかあります。

その中から選ぶことが理想的ですが、さらにデトックスや脂肪燃焼を促す栄養素が含まれているかどうかも確認してみることをおすすめします。

ファスティングの基本を押さえて豊富な栄養素が含まれている酵素ドリンクを選べば、より大きな効果が期待できると考えられるためです。

豊富な栄養素
健康的に痩せるためには、無添加であることも重要なポイントになります。

酵素ドリンクを選ぶなら、安息香酸Naを使用していないものを選ぶようにしましょう。

また、より安心して口にするためにも安全性試験を実施していたり、エビデンスを取得したりしている酵素ドリンクを選ぶことも大切です。

有効菌

さらに、有用菌がどのくらい含まれているのかも確認すべきポイントだと言えます。

有用菌は、自然発酵の方が多くなっているため、どのような発酵方法で作っているのかも確認しておく必要があるでしょう。

 

このようなポイントを意識して酵素ドリンクを選んでみてください。
そうすることで、よりファスティングの効果を実感しやすくなります。

ファスティングを成功させたいなら、ファスティングの基本を知っておくことは前提条件になります。

準備期・ファスティング期・復食期に押さえておきたいポイントや酵素ドリンクを選ぶ時のポイントを知っておけば、効果的なファスティングを実現できます。

これからファスティングを始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

井出 明裕

事務局長井出 明裕

東京都出身。
大学卒業後、某大手外食チェーンに就職、その後、教育業界に転職し、学習塾の運営に携わりながら講師として小・中・高校生の受験指導を行う。現在は、内面美容医学財団 事務局長として奮闘中。
趣味は旅行と野球観戦。今年になって運動不足解消のためにボクササイズを始めたらしい。

管理栄養士の求人採用