財団報告

財団報告

内面美容医学財団-総会2019-

 

2019年12月9日(月)、東京都にあるTKPガーデンシティ品川にて、一般財団法人 内面美容医学財団の総会を開催いたしました。150名を超える会員の方々にご出席いただき、様々なテーマのコンテンツで会場は盛況を呈しておりました。

 

まずは、総会の開会挨拶として、当財団の理事長であり、ハワイ大学医学部アトピーケア研究所 室長 松山夕稀己によるご挨拶。その後、活動報告をはじめ、成功事例や学術講演に移っていきました。

 

 

成功事例では、当財団の理事兼西日本事務局長であり、株式会社ビスタンス 代表取締役の小野雅也より「グロッティを活用したサロン運営」をテーマに、近赤外線マシンを使用したサロン運営と美容効果について発表。また、株式会社With接骨院・整体院コンサルタントの田村剛志氏による「インナービューティを取り入れた整骨院運営」では、インナービューティを取り入れることで、結果を出す店舗運営の方法をご講演いただきました。

 

さらに、日本アンチエイジング歯科学会の会長であり、米国美容歯科学会など数々の学会でも顧問を務め、また、歯科博士として松尾歯科医院の院長を務める松尾通氏には歯科業界における健康やアンチエイジングとの関係性について、「人生100年時代の歯科医療」をテーマにお話しいただきました。続けて、小児科医師・医学博士である一般社団法人すこやかのわの木林京子氏からは、現代のお産状況に関するご報告がありました。

 

 

最後の学術講演では、松山夕稀己より「ミネラル」をテーマに最先端の栄養学についてご説明させていただき、「多くの刺激を受けられた」、「学びの大切さを改めて実感した」、「先生方とお話ができ、新たな出会いの場になった」、「横のつながりも広げるきっかけになった」など、各分野のプロフェッショナルによる講演によって、会員様から多くの嬉しい声をいただくことができました。

 

そして、今年からの初の試みである「IBMF AWARD」を開催。Arts Holos Element Spaの代表である川瀬和彦氏が受賞されました。川瀬氏は、IBMF認定講師として精力的に活動され、インナービューティの普及にご貢献いただいております。

 

 

総会終了後には、ささやかながら懇親会を実施し、多くの方にご参加いただきました。プログラムの一つであるディナーショーでは、シンガーソングライターであり、カラオケ・ワールド・チャンピオンシップ2017においてデュエット部門で世界一位に輝かれ、エステティックサロンの経営者でもある齊藤伶奈様に、映画『グレイテスト・ショーマン』劇中歌を歌っていただき、会場はその歌声によって感動に包まれておりました。後半には、くじ引き大会を実施。豪華景品をお贈りいたしました。

 

今回の総会にお集まりいただきました会員の皆様、本当にありがとうございました。今後も皆様に楽しんでいただける多くの学びを、当財団でご提供していきたいと考えております。また、業界サービスの更なる向上を目指し、財団スタッフ全員で邁進してまいる所存です。

 

 

 

PICK UP

ピックアップ