財団報告

財団報告

第1期 妊活マイスター®講座開講

2018年6月5日(火)~6月7日(木)の3日間、一般財団法人 内面美容医学財団の新資格「公認妊活マイスター®」第1期が東京・港区にて開催され、40名の方々がご参加されました。

 

 

受講者の方々も緊張の面持ちで迎えられた1日目。この日の講座は、当医学財団理事長 松山 夕稀己先生の「妊娠に向けた心と体のデトックス法」からスタートしました。妊娠と年齢の関係、良い卵巣を保つ条件、卵子を老化させる原因、胎盤の役割、不妊治療を始める前に必要なこと、ストレスや有害ミネラルが妊娠に与える影響など、妊活についての専門的、医学的な知識を盛りだくさんの内容で学びました。次の講座では、当医学財団ファスティング研究部 部会長の松屋 裕子先生が「妊活と美ファスティング」と題して、身の回りにある有害物質とファスティング、腸内環境や酵素について講演をおこないました。「有害物質を解毒しやすい身体を作るには」、「酵素を代謝に回すために避けたいNGフード」等、こちらの講座も非常に興味深い内容となりました。1日目最後の講座は、当医学財団監事の栗原 冬子先生による「アロマとヨガの基礎知識」です。「アロマテラピーとは何か」という基本的な内容から「月の満ち欠けと子宮の関係」まで学ぶことができました。講義の途中にはエッセンシャルオイルを会場に噴霧し、受講者の方々が実際にヨガをおこなうという一幕もありました。1日目の講座後には、受講者の懇親会も行われ、この講座を受講するに至った経緯やそれぞれの熱い思いが自己紹介とともに語られ、この場で初めて会った方々も一気に距離を縮めることができたようでした。

 

2日目は、松山先生による「妊活の基礎知識と胎児のコミュニケーションと栄養学」から始まりました。お母さんの体にとって良質な水がいかに重要か、また、胎児に栄養を行き届かせるには血流がポイントになるというお話、お母さんや胎児にとって必要な栄養素と逆にあまり摂ってはいけない栄養素、胎児とのコミュニケーションの取り方等についてのお話がありました。栄養を吸収するにあたっては、まずは腸内環境を良好に保つということ、そして重金属を排泄して妊娠に必要な鉄などの栄養素を吸収しやすくすることが大事であるということも学ぶことができました。午後は、松山先生による「お母さんと乳幼児に大切なこと」というテーマで、赤ちゃんの脳の発達や新生児の脳を育てるスキンシップについて、さらに栄養素が脳の発達にどうはたらくのか、乳幼児の発育に応じたトレーニング等を学ぶことができました。3日目最後の講座は、当医学財団参事の川村 ひかる先生による「病院では教えてくれない妊娠しやすい食事」です。川村先生はご自身の不妊治療の経験もふまえながら、女性ホルモンやホルモンの原料となるコレステロールについて、アレルギー、栄養素の働き等いかに食事が重要かを細かく解説してくださいました。また、栄養素については、女性の側からだけではなく、男性にもどのような影響を及ぼすのかを説明されました。「もっと長い時間お話を聞きたかった」という声が参加者から上がるなど、大変充実した内容となりました。

 

そしていよいよ最終日です。この日は当医学財団副理事長で現役医師でもある住吉 周子先生に「酸化・糖化・炎症の妊活に与える影響」について講義を行なっていただきました。卵子の老化チェックや女性・男性それぞれの不妊の原因、生殖のアンチエイジングに関して知識を増やすことができました。加齢による卵子の減少は止めることができませんが、食生活や環境を気遣うことで卵子の質は変えることができるということや身近で実践できる知識を得て、普段の生活から少しずつ取り入れることの大切さが感じられる講義でした。最終日2時限目は引き続き、住吉先生による「妊活における美容と漢方の活用術」です。漢方の基礎知識から、妊活に役立つ漢方とその効能、健康と美容の切っても切れない関係等についてお話ししてくださいました。そしてこの妊活マイスター®講座の最後には資格認定試験があります。3日間で学習した内容から出題されるテストに参加者の方々は真剣に取り組みました。

 

受講生からは、「学んだ知識をビジネスに活用したい」という声も多く、まだまだこういった悩みに対して身近に相談できる窓口がなく、その分野のパイオニアになれる可能性が感じられる機会にもなりました。

 

妊活マイスター®講座は、7/2(月)~7/4(水)の大阪、7/10(火)~7/12(木)の福岡、そして10月、11月には東京、大阪と講座がございます。妊活は、実際に妊娠する女性だけの問題ではなく、パートナーとなる男性にも関わってくるテーマです。今回の講座にはそれぞれ3人、4人のお子さんを持つお父さんの姿も見られました。お申込みはまだまだ受け付けておりますので、ご興味がおありの方はお気軽にお問い合わせください。

 

詳細はこちらから:https://ibmf.jp/pam.html

 

 

 

PICK UP

ピックアップ