オーナーインタビュー

オーナーインタビュー

  • 鈴木 久美子

    常務理事

    塚原 敏江Toshie Tsukahara

    株式会社ティーズソフィア / 代表取締役

    福井県出身。大阪市在住。早稲田大学人間科学部健康福祉科を卒業し、2004年につかはら美容外科形成外科 ゼネラルマネージャーに就任。2012年には株式会社ティーズソフィア代表取締役に就任。2014年7月より医療法人 愛誠会 つかはらクリニック理事就任。

    ・株式会社 ティーズソフィア代表取締役
    ・医療法人 愛誠会理事
    ・一般財団法人 内面美容医学財団(IBMF) 理事
    ・一般社団法人 日本エステティック協会認定エステティシャン
    ・一般社団法人 日本エステティック業協会認定エステティシャン
    ・アロマコーディネーター協会認定アロマテラピスト
    ・特定非営利活動法人 フスフレーゲマイスター協会認定リフレクソロジスト
    ・特定非営利活動法人 日本スパ振興協会スパアドバイザー初級認定
    ・美容光脱毛 三種基本検定 理論試験合格

「予防医療」をコンセプトとしたクリニック併設のエステサロン。
ファスティングによって医療現場では難しい「根本改善」を提案。
3店舗のサロン経営とあわせ、さらに新しく啓蒙事業も開始。

塚原 敏江

学会推奨品の飲料水との出会いが、
酵素ファスティング導入のきっかけに

株式会社ティーズソフィアは、大阪で化粧品事業、スクール事業、エステティック事業を行っており、そのうちエステティック事業においてはフェイシャルエステ、メンズエステ、痩身エステ、ブライダルエステを行っている。約10年前に美容クリニック併設のエステサロンとしてオープンしたため、スタッフ全員が生理解剖学・皮膚科学などの知識を備えている点が特徴だ。また、クリニックと連携することで科学的知識や臨床データに基づいた提案なども実施。そのため当初から「予防医療」としてのエステのあり方について研究や勉強を続けてきたと代表の塚原敏江氏は話す。

「私自身も若い頃に重度のニキビに悩まされました。病院はもちろんエステや化粧品など様々なものを試しましたがなかなか治らず本当につらかったです。今改めて当時を振り返れば、表面的な原因だけではなく、精神的なストレスや生活環境なども大きく関係していたのだと思います。こういった経験もあったため、予防医療については早い段階から興味があり、エステサロンとして何かできないかとずっと考えていました。医療は「結果」に対して施すものですが、予防医療は心理面、環境、食生活も含めた「原因」を見直すことで体質改善することができるのです。」

そんな思いでサロン経営をしていた塚原氏は、取引先の紹介で一般財団法人 内面美容医学財団(IBMF)に出会う。学会のコンセプトに共感した同氏は公認プロフェッショナル インストラクター(PI)の資格を取得し、酵素栄養学をサロンにおける予防医療の一環として取り入れることを決めた。

酵素ファスティング理論導入によって
予防医療を啓蒙

予防医療を真剣に学びたいと思っていた塚原氏は、本業のエステの関連団体・学会だけではなく、抗加齢、再生医療など医師が中心の学会にも複数参加し、最新の予防医療の情報を積極的に学んでいる。数年前には早稲田大学人間科学部健康福祉学科へ社会人入学し、エステサロンを経営しながら新たに心理学・心身医学などを学んだという。

「医療系の学会や、大学の最新の情報なども積極的に取り入れていた私にとって、一般財団法人 内面美容医学財団(IBMF)の内面美容理論は、まさに自分の考えていた予防医療の考えに近いと感じました。サロンでの施術や美容のカウンセリングだけではなく、酵素ファスティング理論を導入することで食生活やライフスタイル全般への啓蒙にもつなげていくことができるのです。 現代の日本の医療では、根本原因を取り除くことはほぼ不可能です。だからこそ、エステサロンで食事指導や内面美容の考えを提案することで、一人ひとりの意識を改善し予防医療としての新しいサービスを提供していくことができると考えています。」

塚原 敏江
正しい情報を伝えることで、
結果がしっかりと出る

テレビやネットでは様々な健康・美容情報が流れており、新しい手法が話題になるとメディアが一斉に食品や商材を取り上げるため、一過性のブームとして消えていくものも多い。

「情報が正しいかどうか見極める目を持つことが大事です。そのためにも私たちは、学会に参加して酵素栄養学の見識のある先生から最新の情報を学び、これらを現場で活用させていただいております。学会で学んだ正しい情報を伝えることでお客様も納得します。そしてお客様が納得して酵素ファスティングを実践してくださるからこそ、より確実に効果へと繋がります。また酵素ファスティングを導入することで、サロンでの施術とあわせて関連商品を購入される方も増えており、自然と物販拡大にもつながっております。」

サロン成功のためには、
何年たっても新しい知識を得ることに限る
ハーブザイム® 113 グランプロ シリーズ

健康寿命を延ばすために美容事業を行っている同サロンでは、公認プロフェッショナル インストラクター(PI)の資格を持った塚原氏による内面美容のセミナーを開催予定だという。お客様やスタッフへ正しい情報を発信することで、予防医療へ対する意識を高めてもらうことが狙いだ。

「日本は海外と違って医療費も安く、何かあったら病院へ行けばいいというような風潮があるようにも感じます。もっと健康を意識して日々の生活を改善することで予防医療につながればと思っています。またセミナーに参加した方だけではなく、そのご家族、お子様など多くの方へ広げていきたいですね。 エステティシャンは、技術を提供するだけではなく最新の知識を習得しそれらをお客様へ提供していくことが重要ではないでしょうか。内面美容や酵素ファスティング理論は、美容に限らず健康に生きるという予防医療の観点で見ても大切な考えです。学会で学んだ最新情報を、サロン事業とセミナー事業によってより多くの方々に広げていき、業界全体を発展させていきたいと考えています。」

プライベートエステサロン「エクシード」

サロン情報

「サロン・ド・エスポワール」

〒543-0055 大阪市天王寺区悲田院町9-20阿倍野橋ビル2F
http://www.salon-de-espoir.jp/company

PICK UP

ピックアップ